ダイビングライセンスのPADIとは?

ダイビングは、本人のレベルやスキルに合ったライセンスが色々あります。なので、自分が望んでいるダイビングライセンスを取得していく事ができます。ここでは、ダイビングライセンスの種類について詳しくお届けします。

 

PADIライセンスの種類

 

PADIオープンウォーター

PADIオープンウォーターと言うのは、エントリーレベルのライセンスランクです。なので、趣味として始めたい方の為のダイビングライセンスと言えます。このダイビングライセンス持っていれば、水深18mまで海の中を自由に冒険する事ができます。一般的に、この資格がCカードと認識されています。

 

PADIアドバンスウォーター

PADIアドバンスウォーターと言うのは、ステップアップ向けの中級ライセンスランクです。ダイビングを楽しむ為に色々なスタイルを経験する事ができます。水深30mまでのダイビングが可能になり、世界中の中級者向けダイビングポイントに潜る事ができます。

 

PADIレスキューダイバー

PADIレスキューダイバーと言うのは、ステップアップ向けのライセンスで、中級~上級ランクを目指す方にオススメです。この資格があると、例えば、トラブル発生時にも直ぐ対処する事のできる知識を習得しているので、未然に防ぐ事ができたり、万が一の事故に備えた救命方法までを学んだりします。これは、プロダイバーのダイブマスターコースへのステップアップにも不可欠なライセンスです。

 

PADIマスタースクーバダイバー

PADIマスタースクーバダイバーと言うのは、ステップアップ向けの上級ライセンスランクです。この資格を取得する事で、様々なダイビング活動や環境でスキルを磨く事になる為、アマチュア最高峰のライセンスになります。ダイビングの多くの楽しみ方を知り、同時に、トラブルの予防・対処能力も備えた、最も安全なレジャーダイバーとして楽しむ事ができます。

 

PADIダイブマスター

PADIダイブマスターと言うのは、プロレベルのライセンスランクになります。プロフェッショナルの道への最初のステップとしてスキルを磨き、インストラクターや生徒ダイバーのアシスタントを経験し、リーダーシップ能力を開発します。

 

PADIインストラクター

PADIインストラクターと言うのは、インストラクターのライセンスになります。エントリーレベルからプロレベルまで開催する事ができます。ダイバー認定しライセンス発行手続きを指導団体に申請する事で資格取得の手続きを行います。インストラクター開発コースを受けて、試験に合格すると晴れてインストラクターになります。