ダイビングライセンスを取得する際に押さえておきたいポイント!

ダイビングライセンスである、Cカードを発行するダイビング団体と言うのは沢山あります。ライセンス種類も幅広く、自分のレベルで色々なライセンスを選ぶことができます。ここでは、ダイビングライセンス取得の際に、押さえておきたいポイントをお伝えします。是非、ダイビングライセンスを取得する際の参考にして下さい。

 

ライセンスの正式名称はCカード!

ダイビングライセンスは、一般的にはライセンスと広く言われていますが、正式名称はCカードです。Cと言うのは「certification(認定)」の略で、民間指導団体が発行するものになるので、ライセンスではありません。Cカードは、指導団体プログラムに沿ってダイビング講習を受講し、ダイビングを安全に行う為の知識や技術などを身に付けている証明になります。実際、海へダイビングをしに行くと、Cカードの提出があります。Cカードを持っていないダイバーの場合、ダイビングに必要なシリンダーをレンタルすることはできません。なので、ダイビングをする際には、国内外を問わずCカードの携帯が必要です。

 

ダイビングライセンスの種類とは?

国内外で色々楽しむならアドバンスド・オープンウォーターは必須

ダイビングライセンスには、実に色々な種類のものがあり、指導団体ごとに名称が違うこともありますが、ダイビング教育機関で有名なPADIランクを参考にご紹介します。ダイビングを始める場合には、まず、オープンウォーター・ダイバーのライセンスが必要です。このCカードの取得では、2人以上のダイバーと深海18mまでダイビングが可能です。次のランクには、アドバンスド・オープンウォーターがあり、このライセンスを取得していると18m以上のダイビングも可能になります。ダイビングライセンス取得では、ダイビングの危険性も学ぶので、安全で楽しくダイビングができるようになります。国内外で色々なダイビングポイントを楽しみたいのであれば、アドバンスド・オープンウォーターは必ず取得が必要です。

 

更なるステップアップを目指すならレスキュー・ダイバー

色々なダイビングのスタイルについて学ぶことができる、スペシャリティ・ダイバーは深海30m~40mまで潜れたり、潮の流れに乗って潜れたり、色々とダイビングを楽しむことができます。上級資格になると、万が一のトラブルに対応できる、レスキュー・ダイバーもあり、バディの手助けができるようになるのはもちろんですが、り、自分の安全やスキルアップの為に取得する方は多いです。レスキュー・ダイバー取得には、アドバンスド・オープンウォーター、エマージェンシーファーストレスポンスの資格が必要になります。

 

水中のガイド活動ができるライセンスもある

ダイビングライセンスには、水中のガイド活動ができるライセンスが幾つかあります。ダイブマスター、アシスタントインストラクター、インストラクターなどがあり、自分のやりたい目的によってライセンスを選んで取得可能です。インストラクターにはランクがあり、色々なダイビングスポットに潜る為には、対応ライセンスの取得は必要になります。

 

自分がダイビングに合っているかをチェック!

健康状態が大事になるダイビング

ライセンス取得前に、自分がダイビングできるかの適性確認が必要です。ダイビングと言うのは海の中での活動になるので、医学的リスクは回避する必要があるからです。健康状態が万全でないと潜ることはできないので、今までの自分の既往歴や持病などは把握する必要があります。ライセンスの取得前には、自分の健康状態の確認がされ、呼吸器系、循環器系、耳鼻咽喉科系などに問題が無いか、心臓疾患、風邪、過労状態では無いか、てんかん、ぜんそくは無いか、アルコール、薬物の影響は無いかなど、これらに該当する方は取得でいないので必ず確認をすることが大切です。また、アレルギー性鼻炎、中耳炎、外耳炎、副鼻腔炎、腎機能不全、逆流性食道炎、胃潰瘍などの既往歴がある方、ぜんそく、総入れ歯、心臓や肺の持病がある方も、ダイビング健康診断の指示を受ける場合があることを覚えておきましょう。

 

医師の判断やダイビングできないこともある

ダイビングをする際、心臓手術、心筋梗塞の既往歴、高血圧、不整脈がある方は、医師の診断によってダイビングが可能と判断されればOKです。しかし、鬱血性心不全、ぜんそく、過敏性気道疾患、自然気胸の方は、残念ですがダイビンすることはできません。また45歳以上の方で、喫煙習慣、高血圧、コレステロール値が高い、家族で心臓発作や脳卒中の病歴者がいる、糖尿病、現在治療中の方などは、医師の診断が必要です。ダイビングをする際に、必ず病歴診断書が必要なので、ダイビング健康診断を受けましょう。

 

国際的知名度のあるライセンス選びが大切!

ダイビングライセンスと言うのは、世界中には色々な指導団体が存在しています。しかし、世界基準を満たない団体から発行されるCカードでは、海外でのダイビングができない場合もあることを知っていますか?なので、国際的知名度のある団体でダイビングライセンスを取得するのが一番です。ダイビングライセンス指導団体で有名と言えば、PADIです。世界で発行されるCカードの約60%を占めており、日本でも加盟店が高い団体です。